« 2017年2月 | メイン

2017年3月

2017年3月23日 (木)

今年のだんじりシーズン開幕戦!…②




前回から引き続き、3月19日(日)に行われた各種だんじり行事の中から、あくまでワタクシ個人が見て回った足取りを追ってリポートしています。

490

早朝から北條の搬入、中津原の出発、そして高向上(上町)の入魂式からお披露目曳行を取材しましてお昼。

ようやく開幕した『だんじりシーズン』を祝うかのように、春らしい陽気に包まれ絶好の青空が広がりました。

497

実はこの日、ワタクシが知る限りの最強の『晴れ女』が大阪に来られてましてね、誰とは申し上げませんが、その方が大阪に来られると知って、前々からこの日の晴天をお願いしておりましたら、願った通りの素晴らしい晴天!

496_2

その人の『晴れ女パワー』はホンマもんであります。



さぁ、そんな中をワタクシは次の場所、千早赤阪村の60周年記念パレードへと急ぎました。

500

高向上のだんじりが『くろまろの郷』に到着するのが本当に12時ジャストになった事で、だんじり本体の彫物をまだ撮影してなかったワタクシは大急ぎでザッとした彫物を写真に収め、そこから外環状線をブッ飛ばして(安全運転で)、千早赤阪村へ。

498


会場である『くすのきホール』を12時半に出発となっていましたが、残念ながらその時間には間に合わず。

ワタクシとて『だんじり取材』のエキスパート
そこは事前に対策を取ってありまして、パレードがどの辺まで進んでいるかは予測もついており、うまくその近辺に車を停め(まぁ、要するに比叡の前ですけどね)、効率よく6台のだんじりを取材することに成功。

499

それにしてもやっぱり良いですね~、この雰囲気。

早朝に出発を見た中津原のだんじりを先頭に、千早赤阪村6台のだんじりが、思い思いの『曳き唄』を響かせながら、楠木正成ゆかりの地を連なって曳かれる様は、この上ない雰囲気を醸し出してくれます。

501


元々この『千早赤阪村60周年』には、我が社の撮影スタッフの別動班が密着しているので、ワタクシがべったり居る必要はないのですが、一応ね、この日のメインイベントですので、ちょっとはその空気に触れときたいじゃないですか。

別動班のサポートも兼ねてね。

506


特にこの、二河原辺のだんじりはやっぱり見ておきたい名だんじり。

502

見るたびに、『やっぱええなぁ』って思ってしまうだんじりです。

503


だんじりシーズンの開幕を待ちわびた多くのだんじりファンも見物に詰めかけ、パレードの沿道がたくさんの人で賑わう中、午後の陽射しを浴びて進む6台のだんじりの姿に、ワタクシ個人も堪能させてもらいました。

504

そんな感じで、次の場所へ急がねばならないワタクシは、6台のだんじりをぱぱっと撮影して、1時間弱で千早赤阪の地を後にしました。

505

これでも結構楽しみにしてたんですよ。
前の週に中津原へ行った後も会場やパレードコースの下見とかして、高向からどの道でやって来て、どの道から脱出するかまでプラン考えてましたからね。


その甲斐もあって、次の場所への到着もスムーズだったし、着いてすぐにだんじりに出くわすというラッキーぶり。

その場所とは、この日の最初に搬入の様子を見に行った藤井寺市の北條であります。

507

午後2時過ぎに到着して程なくだんじりを見つけ、あとは最後までこの北條で取材すれば、この日のミッションは完了です。


高向上、千早赤阪と、この日はずっと『曳き唄』を使う地域を回って来ましたが、最後の地・北條も、やっぱり曳き唄。

508

青年団もレディースも一体となって、お披露目曳行を盛り上げます。

北條の地域内をくまなく廻っただんじりは、午後3時半に小屋のある黒田神社に到着
お披露目曳行を無事に終えました。

北條の皆さん、この度はおめでとうございます。

510



さて、昨年や一昨年に比べて、今年は『だんじりシーズン』の開幕が少し遅めでしたが、それでも昔に比べたら、こんな時期に『だんじりシーズン』が開幕するのはやっぱり早いこと。

これから本格的な春を迎え、当サイトは来週で終わりますが、だんじりシーズンは始まったばかり。
5月の終わり頃まで毎週のように『だんじり行事』が続きます。

気候にも恵まれ、今年のスタートダッシュとしては最高の開幕戦だったのではないでしょうか?

511


『eoブログ』もいよいよ、来週で本当に終わりを迎えます。




2017年3月21日 (火)

今年のだんじりシーズン開幕戦!…①

 


今月末でサービスを終了する当サイト『だんじりeo SE』なので、まぁホントに滑り込みでこの話題をお届け出来て良かったんじゃないかと・・・

3月19日(日)は、千早赤阪村の村制60周年記念のだんじり曳行に加え、修復を完了しただんじりの入魂式が6台もあるという、まさに今年の春の『Xデー』でした。

483


近年、文化庁の地域活性化事業による助成金を活用してのだんじり修復が頻繁に行われる様になってからは、2月の後半ぐらいからちょこちょこと入魂式が行われたりしていたのですが、今年はそういう目だった行事もなく、この日に集中して行われました。

まぁ3連休の真ん中でお日柄が『大安』という事も、この日に集中した要因の一つでありましょう。

484


何にせよ、行事ごとがようさん重なって『エライこっちゃ!』なのであります。
わが『モバイルテレビジョン(株)』と致しましても、手分けして取材撮影を行う事になり、ワタクシもその一つの班として行動しました。

とゆー訳で、当ブログ最後のだんじりリポートは、3月19日(日)当日の、ワタクシの足跡を追いかける内容で締めくくりたいと思います。



午前6時!

この時期としてはまだ夜も明けきらぬ早朝、ワタクシの姿は藤井寺市にありました。

まず最初の訪問地は、北條のだんじりの搬入から。

485


この度、文化庁による助成金を活用し、《大下工務店》にて修復されたもの。
午前10時から行われる入魂式に向け、その準備作業の時間にお邪魔して、だんじり本体を拝見!

486


そこそこの時間を費やし、次に向かった先は・・・?



じゃーん!!

488

千早赤阪村の奥地中津原でございます!

この日、村の60周年記念で集合するだんじりの内、飛び抜けて遠方にあたる中津原では、早朝7時半に小屋のある中津神社を出発!

489

山深い場所にある神社から、細い林道を曳き降ろされて来ます。


普段の祭礼でも、なかなかこの場所まで足を運ぶ見物人も居られないのですが、この日をチャンスと集まった見物人が見守る中、中津原のだんじりが片道6kmはあるという、未知なる旅へと出て行くのを見送りました。

491


ここまでは・・・!


正式な取材ミッションと言うより、ワタクシ個人が勉強のため、自主的に出向いた部分が大きいです。
ここからが正式な取材ミッションとなります。


午前9時半、河内長野市は高向地区高向上(上町)の入魂式のため、高向神社へ向かいました。

492


行けば普段は静かな山合の神社が、この日はたくさんの人で賑わい、入魂式の真っ最中でありました。

493

高向・長野両地区より集まった各町関係者の祝福を受けながら、午前10時に神社を出発しただんじりは、地区内を北へと進み、町井橋を渡って南へ進路を変え、府立・花の文化園周辺を曳行。

494

南河内名物の『曳き唄』が自然豊かな山合いの地域にこだまします。

495

正午ちょうど頃に、高向神社の丘の下にある『くろまろの郷』に到着
この場所にて来賓・関係者一同で祝賀パーティーへと移行し、また午後2時から曳行を再開し、夕方4時までには無事入庫されと聞いています。

ワタクシはお昼で高向を後にし、次の場所へと急ぎました。

496


高向上の皆さん、この度はおめでとうございます。



(次回に続く)



2017年3月16日 (木)

最後のだんじり情報大サービス!…②




さぁて、前回に引き続き、ではではお待ちかねの情報リーク行きますよー!

3月19日(日)・だんじりシーズン開幕戦

465

 ◎千早赤阪村・村制60周年
                だんじり記念曳行

参加だんじり:
水分・森屋・桐山・川野邊・ニ河原辺・中津原

⚫︎各町それぞれに小屋を出発
中津原は午前7時半、それ以外はだいたい9時〜10時の間。

⚫︎それぞれ10時半までに、会場となる『くすのきホール』駐車場手前で待機
入場は東西から3台ずつとなります。

⚫︎10時半頃より順次入場〜10:50頃には集合完了

⚫︎11:00より式典、各町唄い回し(でんでん)、中津原獅子舞披露など

⚫︎12:30〜パレード出発
くすのきホール前右折→超生寺前から309号線左折→農協前通過→森屋交差点左折→役場前

⚫︎14:00頃 役場前にて解散予定。
それぞれ曳行にて帰路。中津原はトラックにて運送

482

以上が、この日の目玉である『千早赤阪村60周年記念』の概要です。

で、これに絡めて、各町入魂式・お披露目曳行の情報をお知らせします。
あくまで掴めてる情報に限りますが・・・


◎神戸市東灘区・茶屋區
⚫︎午前中に本住吉神社にて神事。
⚫︎11:00~11:30の間に宮出し→茶屋会館へ

●13:00頃より茶屋地区内曳行
⚫︎16:00頃に宮入り→入庫予定

461

◎東大阪市・川田
⚫︎09:30頃より宇波神社にて入魂式
⚫︎13:00頃よりお披露目曳行
※入庫時間不明(夕方頃?)

459


◎鶴見区・鶴見西
⚫︎10:00頃より地車庫南隣の鶴見小学校にて入魂式(関係者のみ)
⚫︎午後から曳行あるかどうかは未確認。
※入庫時間等も不明

477


◎藤井寺市・北條
⚫︎当日早朝搬入
⚫︎10:00頃より黒田神社にて入魂式
⚫︎13:00頃よりお披露目曳行
⚫︎16:00頃入庫予定(小屋は神社内)


◎河内長野市・上高向(上町)
⚫︎09:00頃より高向神社にて入魂式
⚫︎10:00頃よりお披露目曳行(お昼頃まで)
⚫︎14:00頃より再度曳行
⚫︎15:30頃入庫予定(小屋は高向神社より南へすぐ)


◎葛城市・太田
●09:30頃より、小屋敷地内にて入魂式(曳行なし)

なかなか年代物の岸和田型だんじりなので、興味のある方には足を運んで頂きたいのですが、神事のみで、曳行等はないとの情報です。



まぁ以上が、3月19日(日)に行われる『だんじり行事』のざっとした流れです。

実際には時間が前後したり急な変更等の可能性もあります。特に各入魂式の入庫時間等、早まったりする場合も考えられます。

それら実際との差異については、責任を負いかねます。ご了承下さい。

是非ご参考にして頂き、足を運んでみて下さい。


次週は、ワタクシの当日リポートをお届け出来る予定です。


2017年3月15日 (水)

最後のだんじり情報大サービス!…①



当ブログ終了までのカウントダウンに入りました。

今まで、こちら『だんじりeo SE』の方では、例えば入魂式やお披露目曳行、さらにだんじりイベントなどの時間やコースなど、きめ細かな『だんじり情報』を、あまりリークして来ませんでした。

463

そうでないと、せっかく月額有料サイトに登録されている会員様に申し訳ないですからね・・・


しかしながら、この『だんじり界』を取りまくネット環境は凄まじいものがあり、あちこちのサイトやSNSを開けば、欲しい情報など簡単にゲット出来てしまうんですよね?・・・

その事実を知ってしまうと、『有料サイトなんて無力やなぁ~』って思わなくはないですが・・・


いやいやいやいや!!


有料サイトを舐めてもらっちゃ困ります。

情報だけやないんです。

手前味噌な話かも知れませんが、やっぱり月額有料サイトってのは、有料なだけの事はあるんですな。

480

 この『eoブログ』よりさらに踏み込んだ内容のブログ動画や写真、祭礼情報にイベント情報、そして各工務店にて進行されている新調だんじり、修復中のだんじりなど、だんじりに関するありとあらゆるコンテンツが目白押しで、それをすべてひっくるめて、月額300円(DXコース・税抜き)なんです!

481


もし、『有料やったら見向きもせん』・・・なんて方がおられたら、それはちょっと違うんじゃござんせん?・・・てゆーのが、ワタクシの偽らざる本音なのです。

まぁね、サイト運営に携わる立場の者が、あまりお客様を捕まえて上からな発言は良い印象を与えません。

どこかのラーメン屋みたいになっちゃいます(爆)


まぁでもね、この『だんじりeo SE』が終了を迎えるこの機会だからこそ、声を大にして申し上げたいのです。

458


そして、この『だんじりeo SE』が終了するからこそ、最後の大サービスとして、直近に迫った『だんじり行事』の情報を、大放出いたします!

次の日曜日、3月19日(日)は、いよいよ今年の『だんじりシーズン開幕』となります。

その開幕戦のオーダーですけど、先週もお知らせした通り、この様になっております。


 ◎ 神戸市東灘区・茶屋區 
 ◎ 大阪市鶴見区・鶴見西之町
 ◎ 東大阪市六郷地区・川田
 ◎ 藤井寺市・北條
 ◎ 河内長野市・上高向(上町)
 ◎ 奈良県葛城市・太田

以上、だんじり修復完了に伴う入魂式ならびにお披露目曳行。そして、

 ◎ 南河内郡・千早赤阪村の村制施行60周年記念だんじり曳行

が加わります。


これらのオーダーを見て、さぁ、どんな風に見て回ろうかなぁ?・・・て思案されてる方もおられましょう!

とゆー訳で、それらのタイムスケジュールやコースなどを・・・


もう最後やから特別に、ドバッとお教え致します!

478


では明日更新の次回を待たれよ!




(次回に続く)



2017年3月11日 (土)

『Xデー』を迎えるその前に…②

 

はい、前回から引き続き、今月19日(日)の『Xデー』を見据えて、ひと足早く拝見できるだんじりはないかと思案していたら、ひとつチャンスに巡り会えましたので、その模様をお伝えしましょか。



3月5日(日)・・・



この日は、柏原市の上市のだんじりが、修復を終えての入魂式でした。
お披露目曳行は行われず神事のみだったのですが、その晴れ姿を拝みに朝から柏原市へ。

466

上市のだんじりはまだ町内にだんじり小屋を建設できる土地が見つからず、某建物(工場?)内を間借りして置かせてもらっているという形式。

入魂式は、その建物の向かいにある駐車場を利用して行われました。

467


だんじり本体は平成27年に生野区は生野神社地車講から購入してまだ2年のだんじりですが、今回は文化庁による助成金を活用し、岸和田の《隆匠》にて台木の新調交換等を行いました。

468

それよりもワタクシの目を釘付けにしたのは、現だんじりを購入する以前から上市が所有している『子供だんじり』の方!

469

うっきゃーーー!!

なんじゃこりゃ~!

470

子供だんじりやのに、エライ年代物の彫物が入っとるやないかい!

しかもこれは、どっかの地域のどっかの太鼓台・・・あー!、もうそれ以上言うたらアカン!

471


もうこれはね、ケータイサイトの方のブログで事細かに書き綴りますよ!

『ますよ』って事はまだ書いてないですよ!

まだケータイサイトを登録していない読者の方は、是非ともこの機に『お乗り換え』の手続きをお願いしときますよ~!



で、この上市のだんじり両方をとくと拝見したのち、その『Xデー』に入魂式を控えるだんじりの内、いくつかがこの日に搬入されるという情報を得ましてね!


まずは東大阪市の六郷地区へ向かいましたが、川田のだんじりはすでに朝の内に搬入を終えた様で拝見できず・・・

459


お昼を挟み、午後から搬入されると聞いた鶴見西へと向かいました。


現場に到着すると、どこから情報を聞きつけたのかお馴染みの顔ぶれも待ち構える中、だんじりがトラックに載せられてやって来ました。

472

こちら鶴見西之町のだんじりは現在、『鶴見地車保存会』にて維持管理されており、小屋の中には鶴見東之町のだんじりも一緒に保管されてあります。

つまり現在はもう東之町、西之町の地区分けはなく、ひとつの保存会で2台のだんじりを保有している形になるので、なかなか2台同時に曳行される事がありません。

473

祭礼時も、地域を巡行する時はたいがい西之町のだんじりが使用され、東之町のだんじりは宮前に据え置かれていたりします。

またイベントなどに参加・展示される時は見栄えの豪華な東之町のだんじりが使用される・・・なんて事が多々あります。

474

かつては中之町のだんじりもあって、その昔は3台で鶴見神社の氏地内を曳行されていた様なのですが、中之町は大正の末期頃に守口市の南寺方へと売却(現・門真市下馬伏)し、その後は2台での祭礼となり、現在はそういう昔の町割りも事実上消えてしまい、ひとつの保存会で2台のだんじりを維持管理するに至っています。

476


この西之町のだんじりは、ハッキリした年代は忘れましたが、割と近年に今回と同じく《植山工務店》にて修復され、その時に後ろの拝懸魚および隣懸魚を彫り替えているはず。

475 

今回、特に新しくなった部材も見当たらず、洗いと締め直し?…が主な作業なのではないでしょうか?



これで、来たる『Xデー』に入魂式の行われるだんじりの内、2台のだんじりをひと足早く拝見するつもりでしたが結果的には1台のみ拝見する事が出来ました。


ぶっちゃけ、茶屋區は5月の祭礼時に見れるし、川田はまぁ『だんじり in 大阪城』まで待てば見れます。

479


葛城市の太田が見たかったですが、搬入は一週前に終了していて、それはまぁ仕方ない。



では『Xデー』当日は、ワタクシはどんな動きで見て回るのでしょうか?


その模様をこのブログでお伝え出来れば、それがこちら『eoブログ』として最後のリポート記事となる事でしょう。

477


是非お楽しみに。

では今回はここまで・・・



2017年3月10日 (金)

『Xデー』を迎えるその前に…①

 

3月を迎えて2週目ですが、なかなか気温の方が上がってきませんなぁ~。

奈良の東大寺では二月堂に於いて連日にわたり『修二会(しゅにえ)』が行われていますが、これが終わらな暖かくならんっちゅーのは、ホンマなんですかね~?


そんな今月には、『Xデー』があるのを皆さんご存知でっか?


え?…この『だんじりeo SE』が終わる日?

それは月末ですがな!
そんなん『Xデー』ちゃいます。


『だんじり行事的』『Xデー』がありますねや。


はい、3月19日(日)が、その『Xデー』なんであります。

何が『Xデー』やねん?・・・ちゅー話ですけどな。

つまり、『だんじり行事』がようさん重なる日・・・ちゅー事ですわ!

457


先週のブログで、『今年はまだ目立っただんじり行事がなくて、春の訪れは遅い』なんてな事を書いてましたが、その『だんじり行事』が、今月19日(日)に、いっぺんに重なってきたんでございます!

つまり、春の訪れの遅かった今年のだんじり界に於いて、ようやく『シーズン開幕』を告げる日になりそうなんで有馬温泉!・・・じゃない、あります!


458


ではその日、どのような『だんじり行事』を名を連ねているのか、ざっとご紹介致しましょやないですか。

まずは、だんじり修復完了に伴う入魂式及びお披露目が以下の通り。

 ◎ 神戸市東灘区・茶屋區 
 ◎ 大阪市鶴見区・鶴見西之町
 ◎ 東大阪市六郷地区・川田
 ◎ 藤井寺市・北條
 ◎ 河内長野市・上高向(上町)
 ◎ 奈良県葛城市・太田

こんだけありますねん。で、これに加えてこの日は、

◎南河内郡・千早赤阪村の村制施行60周年記念のだんじり曳行で村内6台のだんじりが集結します。

460


ね?・・・こんだけの『だんじり行事』がいっぺんに重なったら、さっぱりわやでしょ?

特に入魂式やお披露目がね~、西は神戸から東は葛城市から南は河内長野まで、これだけ広い範囲に6台も重なると、そら一人で全部を見て回ることなど到底不可能。

461

当社の撮影チームで手分けしてその様子を押さえて回る事になるのですが、そこへ加えて『千早赤阪村の60周年』も重なってきて、さぁて、どない見て回ったものかと現在思案中。

もっと先月の後半ごろから、小出し小出しにやってもらえてたら助かるんですけどなぁ~。まぁでもそんなん言うてられまへんさかいにな、我々は出された日程に応じて、予定を組まなあきまへんのや。

しゃーおまへん。宿命だす。

462

本音を言えば、河南町の60周年の時みたいに、朝から夕方までずっと千早赤阪に滞在できたら、どんなに幸せなことか・・・

464

モチロン当日は手分けして、ワタクシ自身もいくつかの現場をハシゴして廻りますけどな。

それと、どうしてもその日は見に行けないなぁっていうだんじりを、一足早く拝見するチャンスを求めて、とある行動をさせて頂きました。


ではその辺のお話を、次回に回させて頂きましょう。





(次回に続く)


2017年3月 3日 (金)

春まだ遠き、浅き夢見し…②




今年の冬は長いです。
カレンダーはもう3月を迎えていますが、目立った『だんじり行事』はまだ今月の後半から。

春まだ遠きオフシーズンに、色々なだんじりを拝見させて頂いております。



前回は2月12日(日)に拝見した2台のだんじりをご紹介しましたが、今回は2月26日(日)のこと。


場所は大阪市生野区の東側。

清見原神社の氏地である腹見、大友、片江のだんじりを拝見させて頂きました。

まずは姿見比べ。

447 ↑ 腹見です。

450

↑ 大友です。

453

↑ 片江です。


生野区・清見原神社の祭礼と言えば、はやり『名地車』との誉れ高い中川のだんじりにどうしても注目が集まりますが、こちら3台のだんじりも、なかなかどうして年代物で、味わい深い雰囲気を持っています。

最近流行りの言葉で称するなら
『名・バイプレイヤーズ』
とでも言うんですかね~?

どれが大杉漣さんで、どれが寺島進さんで、どれが遠藤憲一さんかは各々で判断して下さいよ。

まぁそんな冗談は置いといて、まずは腹見のだんじりから見て行きましょか。

448

この3台のだんじりは、いずれも明治期の製作されていますが、中でも腹見のだんじりは製作年代が特定されていないながら、おそらくこの3台の中では最も古いだんじりではないでしょうが?

449

この日、だんじりを取り囲ませてもらった我々『見学チーム』としては、普段の祭礼では見られない『お目当ての彫物』がありました。

果たしてそれは??・・・



続いて拝見させて頂いたのが、清見原神社の境内に小屋のある大友のだんじり

451

明治42年に、周辺各村の村社がここ清見原神社に合祀された事で、中川、片江、腹見、そして当時だんじりを有していた大瀬の各村は、清見原神社の祭礼としてだんじりを曳くようになります。

ここ大友のだんじりは明治34年の製作とされていますが、平成14年に岸和田の《池内工務店》により大修復がなされ、その姿見や彫物が大きく変化しています。

452

見学させて頂いた時には、大友清友会の皆さまのご配慮で、その修復前の彫物を!?・・・



そして最後にお邪魔させて頂いたのが片江のだんじり

456

こちらも明治30年製作とされるだんじりで、住吉の《大佐》の手によるだんじり

平成元年に八尾の川井工務店(現在は廃業)にて修復していますが、修復前は典型的な《大佐》型のだんじりと呼ばれていました。


こうして矢継ぎ早に各だんじりを振り返ると、まだまだ勉強不足のワタクシにとっては願ってもない学習のチャンス。


454


特に清見原氏地の3台のだんじりなどは、ワタクシ的には幼少期から馴染みのあるだんじりなのですが、それでもこうしてじっくり鑑賞させて頂くと、今まで気づかなかった事も多々あり、『ちゃんと見てないなぁ』って思わされる事ばかりです。

それら詳しい事は、ケータイサイト『だんじり』のブログにて現在進行形で執筆中!

まだケータイサイトをご登録されておられないユーザーの皆さん、良かったらこの期にご登録あそばせ。

455



最後になりましたが、今回お世話頂きました、善根寺、今津、腹見、大友、片江、各だんじり保存会、青年団、青年会の皆様、貴重な機会をありがとうございました。
 

2017年3月 1日 (水)

春まだ遠き、浅き夢見し…①

 


今年に入り早くも3月を迎えましたよ。
前にもお知らせ致しました通り、この『だんじりeo SE』は、今月いっぱいでサービスを終了致します。

こちらのブログの方は、サービスを提供している『eoブログ』そのものが終了するという事なので、更新も今月いっぱい

ただですね~、このブログを残して閲覧だけは出来るようにするべく、ただいまその方法を模索しています。

残せたブログは、モバイルテレビジョン(株)の有料ケータイサイト『だんじり』の方にお引越しして、閲覧可能に出来ればと考えております。

また詳しい事が決定しましたら、こちらでお知らせ致します。


さて残り少ないブログでありますが、先週まで長きにわたり、ワタクシの『だんじりセミナー』第1回目の教科書を、シリーズで紐解いて来ました。

時事ネタの少ないこのシーズンを利用し、公開されなかった『セミナー』の一部を、知ってもらえたと思います。



さぁて、今年なんですけど・・・


ここ数年、文化庁が認定する地域活性化事業の助成金を活用してだんじりを修復する実例が増えまして、それに伴う入魂式やお披露目が2月の後半あたりから盛んに行われて来ましたが、今年はまだ活発な『だんじり行事』が行われておりませんでね・・・

13


昨年末も11月をもって『だんじり行事』は終了しましたんで、この冬はけっこう長いオフシーズンとなっております。


あ、そういえば今年も1月に『奈良・大立山まつり』が行われまして、奈良県内の貴重な太鼓台が参加したのですが、そちらの模様はケータイサイト『だんじり』の方のブログでご紹介しています。

良かったらご一読下さい。


さてそんなオフシーズンにこそ、各町のだんじり関係団体のご協力で、色んなだんじりを拝見させて頂く機会を得ております。


今週はそれら拝見させて頂いただんじりを一挙にご紹介しようかと思います。



まずは2月12日(日)


この日はまず、東大阪市の『孔舎衛(くさえ)』地区(日下とも呼ぶ)の、善根寺のだんじりを拝見させて頂きました。

440


東大阪市とはいえ、隣接する大東市と同じく『北河内型(讃良型)』の巨大なだんじり。

441


昨年、平野区の《大市》河合工務店にて修復が完了し、そのリニューアルされただんじり本体を、ゆっくり鑑賞ささて頂きました。

443



同じ日の午後からは、大阪市鶴見区今津のだんじりを拝見。

444

均整のとれた美しい姿見に、見る者を魅了してやまない彫物の数々。
大阪市内のだんじりの中では、なかなかの『名地車』として呼び声高いだんじりです。

明治期に製作されただんじりで、だんじり好きの皆さんの中には、堺市は深井地区の、深井東町の先々代だんじりとして認識しておられる方も多いかも知れません。

445

しかしその出自はどこでしょうか?
果たして深井東町にて新調されたものでしょうか?
その辺の推察と、また彫師に関しても、今回じっくり鑑賞させて頂く中で、新しい看立てをさせて頂いております。

446



さて次回は、先日拝見させて頂いただんじりをざっとご紹介しますよ!




(次回に続く)