« 『Xデー』を迎えるその前に…① | メイン | 最後のだんじり情報大サービス!…① »

2017年3月11日 (土)

『Xデー』を迎えるその前に…②

 

はい、前回から引き続き、今月19日(日)の『Xデー』を見据えて、ひと足早く拝見できるだんじりはないかと思案していたら、ひとつチャンスに巡り会えましたので、その模様をお伝えしましょか。



3月5日(日)・・・



この日は、柏原市の上市のだんじりが、修復を終えての入魂式でした。
お披露目曳行は行われず神事のみだったのですが、その晴れ姿を拝みに朝から柏原市へ。

466

上市のだんじりはまだ町内にだんじり小屋を建設できる土地が見つからず、某建物(工場?)内を間借りして置かせてもらっているという形式。

入魂式は、その建物の向かいにある駐車場を利用して行われました。

467


だんじり本体は平成27年に生野区は生野神社地車講から購入してまだ2年のだんじりですが、今回は文化庁による助成金を活用し、岸和田の《隆匠》にて台木の新調交換等を行いました。

468

それよりもワタクシの目を釘付けにしたのは、現だんじりを購入する以前から上市が所有している『子供だんじり』の方!

469

うっきゃーーー!!

なんじゃこりゃ~!

470

子供だんじりやのに、エライ年代物の彫物が入っとるやないかい!

しかもこれは、どっかの地域のどっかの太鼓台・・・あー!、もうそれ以上言うたらアカン!

471


もうこれはね、ケータイサイトの方のブログで事細かに書き綴りますよ!

『ますよ』って事はまだ書いてないですよ!

まだケータイサイトを登録していない読者の方は、是非ともこの機に『お乗り換え』の手続きをお願いしときますよ~!



で、この上市のだんじり両方をとくと拝見したのち、その『Xデー』に入魂式を控えるだんじりの内、いくつかがこの日に搬入されるという情報を得ましてね!


まずは東大阪市の六郷地区へ向かいましたが、川田のだんじりはすでに朝の内に搬入を終えた様で拝見できず・・・

459


お昼を挟み、午後から搬入されると聞いた鶴見西へと向かいました。


現場に到着すると、どこから情報を聞きつけたのかお馴染みの顔ぶれも待ち構える中、だんじりがトラックに載せられてやって来ました。

472

こちら鶴見西之町のだんじりは現在、『鶴見地車保存会』にて維持管理されており、小屋の中には鶴見東之町のだんじりも一緒に保管されてあります。

つまり現在はもう東之町、西之町の地区分けはなく、ひとつの保存会で2台のだんじりを保有している形になるので、なかなか2台同時に曳行される事がありません。

473

祭礼時も、地域を巡行する時はたいがい西之町のだんじりが使用され、東之町のだんじりは宮前に据え置かれていたりします。

またイベントなどに参加・展示される時は見栄えの豪華な東之町のだんじりが使用される・・・なんて事が多々あります。

474

かつては中之町のだんじりもあって、その昔は3台で鶴見神社の氏地内を曳行されていた様なのですが、中之町は大正の末期頃に守口市の南寺方へと売却(現・門真市下馬伏)し、その後は2台での祭礼となり、現在はそういう昔の町割りも事実上消えてしまい、ひとつの保存会で2台のだんじりを維持管理するに至っています。

476


この西之町のだんじりは、ハッキリした年代は忘れましたが、割と近年に今回と同じく《植山工務店》にて修復され、その時に後ろの拝懸魚および隣懸魚を彫り替えているはず。

475 

今回、特に新しくなった部材も見当たらず、洗いと締め直し?…が主な作業なのではないでしょうか?



これで、来たる『Xデー』に入魂式の行われるだんじりの内、2台のだんじりをひと足早く拝見するつもりでしたが結果的には1台のみ拝見する事が出来ました。


ぶっちゃけ、茶屋區は5月の祭礼時に見れるし、川田はまぁ『だんじり in 大阪城』まで待てば見れます。

479


葛城市の太田が見たかったですが、搬入は一週前に終了していて、それはまぁ仕方ない。



では『Xデー』当日は、ワタクシはどんな動きで見て回るのでしょうか?


その模様をこのブログでお伝え出来れば、それがこちら『eoブログ』として最後のリポート記事となる事でしょう。

477


是非お楽しみに。

では今回はここまで・・・



トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/417073/34047271

『Xデー』を迎えるその前に…②を参照しているブログ: